無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« GW最終日 | トップページ | カードが届きました。 »

棟上げしました!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

昨日(5月29日)、いよいよ棟上げとなりました。

二日前に現場監督Sさんより電話があって、この日に決行となりました。
午前2時頃に宮城の工場を出て、7時頃には近くの広い場所に集合、Sさんと運転手が打合せをして、8時頃には現場の作業員が現地集合、8時半ごろから作業開始の予定ということでした。

で、起きたら7時6分(・o・)
急いで着替えて、俺だけ先に現場へ! と言っても、今の家(賃貸)から現場(実家裏)まで約2キロちょっとなので車で5分程度ですけど。

すでにクレーン車や作業員の方が到着しており、Sさんと初対面(用事があってすぐ居なくなりましたが…)

Dsc_0002

ウロチョロしてる間に、最初のユニットが到着。
あっという間に重機で釣りあげられて設置されていきます。

1u

上の画像は最初のユニット。
外側だけじゃなく、中で使うものもある程度入っているみたいですね。
これは1階のリビング部分。ここには写ってないけど東側になる窓が思ってたより大きかった。

23u

次の画像(左上:2つ目のユニット 右上と下:3つ目のユニット)
2つ目のユニットはダイニング部分、3つ目はキッチンと階段です。
ここまでで8時半をちょっと回った時間。
母も見に来てて、あまりの速さに「終わっちゃうから早く妻に来るように電話しろ」と言われました。

妻も到着して、びっくりしてました。
その前後に営業のAさんと設計士の○さんも顔出していきました。

46u

さらに次の画像です。(左上:4つ目のユニット 左下:5つ目のユニット 右上:6つ目のユニット 右中:玄関の庇(ひさし) 右下 1階部分)

4つ目のユニット(写真は2階部分に見えるかもしれませんが、降ろしてる最中です)は和室。5つ目のユニットは玄関(向きが逆になってしまっているので、奥に青く見えるのが玄関のドアです)です。
5つ目のユニットが、トイレと風呂。ここで1階部分は終わりかと思ったら、玄関の庇がありました。
ここで10時の休憩です。
我々も実家に戻って休憩(^-^)

休憩が終わって、2階部分の組み立てが始まるのかと思ったら、断熱材や配線などの設置が始まりました。

二階部分がどこから始まるのかと思ったら・・・最初はベランダからでした。

79u

次の画像(左上:ベランダ 左下:7つ目のユニット 右上:遠くに停車しているトラック 右中:8つ目のユニット 右下:9つ目のユニット)
7つ目のユニットは子供部屋(仕切りをつけて北と南に分けられるようにしてます)の南側です。
8つ目のユニットの右側の窓は寝室、左側のドアは選択を乾せる廊下みたいなところからベランダに出るためのドアです。
9つ目のユニットは、寝室北側です。
トラックは、どこか遠くの広い場所を借りて大型のトラックから移し替えて持ってきてると説明されていたのですが、たぶん残りが少なくなってきたことから近くまで来て待機していると思われます。ってことは、別な場所にも重機があったってことですね。

1012u

上の画像(左上:10個目のユニット 左下:11個目のユニット 右上:12個目のユニット 右中:南東方面から 右下:北側から)

10個目のユニットは、子供部屋の真ん中付近。11個目のユニットは、ウォークインクローゼットとトイレ、最後のユニットは子供部屋の北側です。
ここまででお昼前です。

たまたま来てた近所のおばあさんや親戚の伯父さんも交えて実家で昼食。
車が別々で来てるのでノンアルコールビールで一人乾杯(笑)

午後は、屋根の据え付けです。

End

上の画像(左:屋根の作業 右上:同 右下:看板)
屋根の部材もクレーンで上げます。そして、それを見てる妻。

あれ?ベランダって屋根無い?そうだっけ?
母も妻も、あれではベランダに洗濯物干したら濡れてしまうと騒ぎ出す・・
中に乾せる場所はあるんだけど・・・あとで確認したら、長期優良住宅の関係で後付けはできない(ハイムではやれない)と言われ…妻は若干ご機嫌ななめです。

もともと曇り空でしたが、屋根の作業が終わりかけたころから雨がパラパラと…
雨じまいまで終わったので大丈夫とのことでした。

その後、母が赤飯を炊いてくれていたので、作業員さんから交通警備の人も含めてほぼ全員(トラック運転手除く)に赤飯を配りました。

その後、片づけ等をして終わったのが4時近くでした。

若干の不安もある状態ですが、どうにか棟上げが終わりました。

« GW最終日 | トップページ | カードが届きました。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。さくらといいます。
いきなり質問なんですが
ナマケモノさん宅のお風呂はハイム仕様ですか?
自分たちからハイム仕様を希望しましたか?
ハイム仕様以外に選択肢があったりしましたか?

といいますのも先週我が家はユニットの棟上があり
ナマケモノさん宅と同じくらいのペースで進んでると思います。
我が家はTOTOのsazanaを大・大・大熱望していたものの昨年末あたりにC値?Q値の改定がありハイムのお風呂以外はこの数値に引っかかるので入れることが出来ません と言われました。
私自身お風呂が大好きなので最後の最後まで何度も何度もお願いしたのですが、結局“無理“ということでかたずれけられました。
ナマケモノさんのお宅はどんな感じでしたか?
契約直後から担当の営業さんを信じられなくなる出来事が多々発生し・・・(自分の見る目がなかったんですが・・・)棟上後の今になって遅いのですが、もし差し支えなければ教えていただけませんか?

さくらさん、コメントありがとうございます。

うちの風呂はハイム仕様です。
すべての大前提として、住宅ローンの毎月支払額が今の家賃より+1万円に年2回10万円ずつ、これ以上の支払いにならないようにしたいと営業さんに伝えてました。
(最初の見積もりがスマートパワーステーションでバカ高い金額でした)

そのせいか、BJに変更してから太陽光無し・蓄電池無し、快適エアリー無しと次々に削って行きました(快適エアリーが欲しかったのに・・・)。
金額的に選択肢が無くなってきたせいで、トイレも風呂もキッチンもいろんなものから選ぶのではなく、これの色はどうします?みたいに最低限のものから選択していった感じです。
キッチンやトイレのメーカーも後になってから書類をみて気がついたくらいです…

ですので、せっかく聞いていただいたのですが、流されるように決めていったので、これといったお返事ができません。

ちなみに、営業さんは真面目な方ですが、親身になってくれていないと妻は感じているようです。私的には悪い感じはしないですけど。

結局、唯一のこだわりは起風天窓かな。

ナマケモノさん
ご丁寧な回答ありがとうございました^^

ナマケモノさん、はじめまして&遅まきながら上棟おめでとうございます。
BJなんですね、どうりでバルコニーの上に屋根が付かないなと思ったんですよ。
てっきり、SPSかと最初思ってました。
確かに、SPSはBJよりもお高めですよね。
出た当初は、うちの展示場の店長もBJ押しだったのですが(間取りの制限やら、金額的にBJと比べるとコスパが悪いとの事で。)今では、すっかりSPSにお株を奪われていますよ。(工場のライン上も殆どSPS)

私も、今だったらSPSを選択したかもしれません。。(鉄骨SPSでは、平屋が出来ないんだけど。。。)

話はそれましたが、BJのバルコニー上に後付けでリクシルとかTOEXで出してる、サンルーフを壁付け出来ますよ。(既にご存知かと。。)
実際、そういったBJは多いです。
見たところ、外壁はレリーフウォールでしょうか?
だとしたら、タイル外壁よりは、施工しやすいのでないでしょうか。

ともあれ、建築中も色々と大変でしょうが、頑張って下さい。

かつ~んさん、ありがとうございます。

まず、外壁について、タイルではないのでレリーフウォールなのかと思います。

バルコニーの屋根については、長期優良住宅の申請と内容が変わってしまうからできないということだと解釈してます。
営業さんからは「ほとぼりが冷めてからご自分で(セキスイハイム以外でと解釈しました)つけることは可能だと思います」と言ってました。
近くで、ハイムが分譲したところを見たところ似たようなタイプの家はほとんどバルコニーに屋根を付けてなかったです。
屋内の洗濯物を干す場所に本棚を2つ入れる予定ですので、干してあると邪魔くさい気もしますが、そんなに本棚に行ったり来たりしないと思うので自分では納得してます。
妻も営業さんと電話して、渋々納得したようですし(笑)

先日届いたカードに、作業中は中を見れることが書いてあったので、さっそく土曜日に見に行こうと思ってます♪

コメントありがとうございました(*^_^*)

<a href=https://xn--80aahinbcapbcj1a7aat3a7a8b8k.xn--p1ai/>Хирургическая клиника Москва</a>

Hello. And Bye.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棟上げしました!:

« GW最終日 | トップページ | カードが届きました。 »